最新の通信教材ワンダーボックスを5才の息子がやってみた!【リアルな声をお届けします】

休園・休校が続き子供を持つ親として心配事の一つとして挙げられるのは、

勉強や学びの場が一時的に機能していないことですよね。

なつママ
しんぱい。。。。

子どもの学びを止めない為におうちでできることを考えて調べた結果、

私が辿り着いたものとは、、、、、



2020年4月スタートしたばかりの最新通信教材!ワンダーボックス

我が子は5才なので、勉強というより学びの土台(基礎)を重点に考え選びました。

ワンダーボックスの対象年齢が4~10歳で我が子にピッタリだったこと。

ワンダーボックスの特徴
・思考力に特化している。
・デジタルとアナログの二つの教材で子供心を刺激する。
・ゲーム感覚で学ぶことができ勉強してると思わせない工夫がたくさんある。
・今、注目されているSTEAM教育に視野に入れている
STEAM教育とは・・・

cience⇒科学
echnolgy⇒技術
ngineering⇒ものづくり
rts⇒芸術
athenetics⇒数学
5つの頭文字を組み合わせたもので、
これらの5つの領域を重視する教育方針を意味します。
なつママ
・・・・。とりあえずバランスよく学べってことかしら?

数ある通信教材の中からなぜ私はワンダーボックスに惹かれ、選んだのか

私が想像する通信教材はイメージはひたすらワークシートをやる

もしくは小学校に入園する前にひらがなや簡単な計算を練習させて知識を詰め込むような教材。

一個人の感想なので参考程度に聞いてもらえるとありがたいのですが、

ひらがなや計算などは小学校に上がれば義務教育で学べる。

それでいいと思っている。

先取りで覚えてしまっては学校で学ぶ意味がわからなくなってしまう。

むしろ、私は幼少期の頃に勉強する=学ぶことは楽しいというイメージを付けた方がいい!

と思ったからです。

なぜなら勉強は意欲興味がなければ続けられないということが私自身痛感しています。

自ら考えて学ぼうとする姿勢を身に付けてくれれば親は嬉しいですよね!

なつママ
自ら勉強してくれたら最高なんですけど!

まあ、そんなうまくいくとは思いませんが、それが私の理想です。

数ある通信教材の中でワンダーボックスは自分で考える力に特化していて、遊びに近い感覚で学べることが最大の魅力

子ども自ら進んでやりたいと思わせる教材の内容がたくさんあります。

もし、ほかの通信教材をやっているが子供の意欲が無くなって放置気味なら、思い切って乗り換えてみてください!!

なつママ
それぐらいの価値はあると思います!!!

夢中でやり続けてしまうくらいの面白さ~実際の様子~

パズルみたいな平面図形ピースを自由に組み合わせて遊んでいます。

自ら考えて問題を解こうと集中しています

むすこ
む、むずかしい。でもたのしい!!

幼少期から図形の形に慣れ親しんでいれば小学校に上がっても抵抗なく取り組めそうですよね。

なつママ
私は図形が苦手でした。

私も子どもと一緒に取り組んでみると図形の面白さが少しづつわかってきました。

これもワンダーボックスをやって気づいた発見です!

親子で一緒に取り組んでしまうワクワクが詰まったアプリ~デジタル版~

思考力アプリThink!Think!(シンクシンク)から厳選した問題を出題されています。

空間認識・平面図形・試行錯誤・倫理・数的処理の5分野
を網羅しています。

なつママ
5才の息子も真剣に問題を解いているのがすごい!

時間制限や各ステージごとにクリアしていくとレベルが上がっていくシステムはゲーム感覚で意欲が掻き立てられはまります。

感性や創造性が養われる!?ずっこけびじゅつかんアプリ

タブレットでお絵かき感覚で楽しめるので子供の発想力や創造性が発見でき見ている親も楽しいです。

完成した絵は保存もできたりほかの子供の絵を閲覧できたりするのでおもしろいです。

コードクラスターズは息子がはまったお気に入りアプリ

プログラミング的思考を養うアプリで自分で考えコードを組み合わせてコインやブロックを消していくゲームです。

なつママ
子供ももちろん親の私も真剣に考えてハマってしまうアプリで楽しいです!

失敗しても何度もトライして成功した時の息子の顔はとっても良い表情でした!

【注意】ワンダーボックスは知識習得を目的とした教材ではない。

ひらがなや計算式など学校の勉強に沿った教材ではない。それらを習得したいのであればワンダーボックスは不向きです。

実際にワンダーボックスの教材を使ってみてわかったのが、枠にとらわれない自由な発想や創造性を重視しており、

ひらがなをキレイに繰り返し練習する

計算ドリルのようなひたすら問題を解く

などはありませんでした。

知識や暗記で覚えられるような勉強は一切なく、

やはり何度も文の中に出てきてしつこいのですが、考える力を引き出すワークシートやアプリが中心です。

少し高め?!月々の教材費

ママ1
素晴らしい教材はわかったけどやっぱり値段が気になるわ。。。

やはり気になるのが、月々の通信教材費ですよね。

ワンダーボックスの価格
・12カ月一括⇒3,700円/月
・6カ月一括⇒4,000円/月
・月々払い⇒4,200円/月
・きょうだい追加⇒1,850円/月(1人追加ごと) 税込価格
(2020年5月時点)

ワンダーボックスを使う前の教材費の印象は、

高いイメージを持ちました。

幼児向けの通信教材は2,000円~3,000円ぐらいが相場なので、それに比べればやはり少し高めですよね。

それでも私はワンダーボックスを選んだ理由は

知識を詰め込むような学びではなく子どもが考えて学べるように工夫し子供を惹きつけるアプリが豊富で特化していたからです。

実際使ってみても毎日飽きずに自ら学んで挑戦しているので、損はしていないしむしろ妥当な価格だとすら感じました。

おうち学習は子供が自ら学習に取り組んでもらわなければ教材費が安いも高いもないっていうことに気づきました。

これからの未来を生き抜くには思考力と創造性

AI時代を生き抜くにはやはり機械では出来ない発想力や創造性が必要だと言われています。

ですが、一朝一夕では出来ないですよね。

小さい時期から思考力を鍛え、考え方を学べばどんなことにも挑戦できます。

その練習がワンダーボックスだと思います!

子どもの思考力は鍛えたいのであればぜひワンダーボックスを試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

三歳の息子と年下の旦那とマンションで三人で暮らし。 千葉在住 趣味:息子の影響で新幹線、電車、シンカリオンにはまってます。あとは料理、食べること、野菜作り、植物を愛でる 性格:マイペース 資格:アロマテラピー一級合格、色彩検定二級取得